敷パッド は季節や目的で選ぶ!

快適な眠りをサポートするおすすめ商品もご紹介

更新日: 2021.7.8

敷パッド は季節や目的で選ぶ!

「夏は暑くて寝苦しい、冬は寒くて眠れない……」眠りに関する悩みは尽きないもの。寝心地のほかに、「洗えないマットレスが寝汗で汚れてしまった」というトラブルも聞かれます。

そこで活用したい便利アイテムが「敷パッド」。敷パッドは、寝具の肌触りを良くしてくれるだけでなく、暑い夏や寒い冬の睡眠を快適にしてくれるアイテムです。

今回の記事では、心地良い眠りをサポートしてくれる敷パッドの選び方を解説し、おすすめの商品をご紹介します。

敷パッドは心地良い眠りをもたらすアイテム

まずは敷パッドの主な効果と、ベッドパッドとの違いを解説します。

敷パッドの効果

敷パッドの主な効果として、以下のようなものが挙げられます。

  • 肌触りが向上する
    シーツの上に好みの素材の敷パッドを敷いて、寝具の肌触りを向上させることができます。例えば、夏にサラっとした肌触りの敷パッドを選べば、より快適に眠れるでしょう。
  • 夏や冬でも快適に眠れる
    敷パッドには、接触冷感や吸湿発熱など、夏や冬でも快適に眠るための機能が付いたものがあります。季節によって敷パッドを使い分ければ、オールシーズンで快適な寝心地を得やすくなります。
  • 汗を吸収する
    人は睡眠中に大量の汗をかきます。シーツだけだとマットレスが汗を吸収してしまい、臭いや汚れの原因になることも。そこで敷パッドを活用すれば、パッドがある程度の汗を吸収してくれるので、洗いにくいマットレスの汚れを防げます。
  • ベッドパッドとの違い
    敷パッドと似て非なる物として、ベッドパッドがあります。

    敷パッドとベッドパッドの違いは2点あります。使用する主な目的と、パッドを敷く場所です。

    敷パッドは寝る人の快適性を高めるために使うのに対し、ベッドパッドはマットレスの利便性や保存性を高めるために使います。そして、敷パッドはベッドシーツの上に敷いて使いますが、ペッドパッドはシーツとマットレスの間に敷くもので、肌に直接触れません。

    なお、敷パッドとベッドパッドは併用するのがおすすめです。敷パッドとベッドパッドは使用目的が異なります。併用することで、双方のメリットを活かした快適な寝心地が期待できます。

敷パッドは季節や目的で使い分けよう

敷パッドは季節や目的で使い分けよう

敷パッドは、季節や目的によって使い分けるのがおすすめです。詳しい選び方を見ていきましょう。

夏におすすめの敷パッド

暑い夏には、布団や敷パッドからも熱を感じてしまいがちですが、「接触冷感」 の機能を持った敷パッドを選べば、より快適に眠れるでしょう。接触冷感とは、生地に触れるとひんやりとした冷たさを感じられる効果・機能のことです。

また、汗をかきやすい夏場には、「速乾性」に優れた敷パッドで寝具のジメジメを防ぐのもおすすめです。

冬におすすめの敷パッド

夏とは逆に、寒さによって身体を冷やしてしまいがちな冬場には、汗などの水分を吸収して素材が発熱する「吸湿発熱」 機能に注目してください。吸湿発熱機能に優れた敷パッドは、寒い冬を快適に過ごしやすくなる良きパートナーとなるでしょう。

ほかに、熱を効率良く蓄える「蓄熱性」に優れた商品を選ぶのもおすすめです。

衛生面を気にしたい場合におすすめの敷パッド

敷パッドは基本的に毎日使うものなので、衛生面にはこだわりたいものです。

菌の繁殖を抑制し、汗などの臭いを防ぐ「抗菌防臭」の機能がある敷パッドが衛生面で優れています。

夏におすすめの敷パッドをご紹介!

暑い夜には、寝具の感触も暑苦しく感じてしまいがち。そんな夏場におすすめの敷パッドが、「HOMECOORDY アイスコールド敷きパッド 」です。

特殊コンジュゲート 糸(複数の素材を組み合わせて紡糸した素材)を使用することで、生地をより冷たく感じられるように工夫しているのがポイントです。気温が高い日にもパッドがひんやりして心地良く、暑い夏を快適に乗り切るために持っておきたい1枚です。

生地の特性以外にも、以下のようなメリットがあります。

  • 洗濯ネットを使用して洗濯できるので、衛生面で優れている
  • 何度も洗濯しても抗菌効果が維持されるよう工夫された素材を使用しており、汗をかきやすい夏場に最適
  • 裏面のメッシュ生地に滑り止め加工が施されており、快適な寝心地を維持しやすい

夏向けの敷パッドを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイスコールド 敷パッドを見る

まとめ

敷パッドは、シーツの上に敷いて使うアイテムです。肌触りが良くなる、暑い夏や寒い冬にも快適に寝やすくなる、寝汗を吸収してマットレスを保護するなど、敷パッドにはさまざまな効果があります。

夏はひんやりとした接触冷感に優れたものを選び、冬は吸湿発熱に優れた素材を選ぶなど、敷パッドは季節や用途で選ぶのがコツ。記事の内容を参考にして、ぜひお気に入りの敷パッドを見つけてください。