【すっきり収納】ランドセルラックの選び方&おすすめ商品を紹介

更新日: 2021.6.22

【すっきり収納】ランドセルラックの選び方&おすすめ商品を紹介

「子どもの学習用品をすっきりと収納したい」と考えて、ランドセルラックを探している方も多いことと思います。しかし、ランドセルラックのサイズやデザイン、機能性はさまざま。どういったポイントに注目して選ぶべきか、迷ってしまうかもしれません。

そこでこの記事では、ランドセルラックを選ぶ際のポイントと、おすすめの商品をご紹介します。

ランドセルラックとは?

ランドセルラックとは、ランドセルをはじめとする子どもの学習用品をすっきりと収納するためのラック(棚)です。

子どもの学習用品はランドセルだけではありません。ほかにも、教科書やノート・ファイル類、リコーダーや鍵盤ハーモニカ、習字用具、体操着など、さまざまな学習用品があります。ランドセルラックは、それらを効率的に収納できるように作られています。

ランドセルラックを利用すればお部屋がすっきりすることはもちろん、子どもに片付けや翌日の準備の習慣を付けさせるのにも役立つでしょう。

最近は、子どもの勉強をリビングでさせる家庭も増えています。そのような場合には、ランドセルラックをリビングに置いておけば、学習用品を子ども部屋まで取りに行く手間が省けて便利です。リビングのインテリアにも馴染むシンプルなデザインのラックが多く登場しているのも、こうしたニーズが高まっていることの現れでしょう。

またランドセルラックは、小学校を卒業してランドセルを使わなくなっても、本棚や物入れとして使えます。そうした意味で、落ち着いたデザインのラックを選ぶ家庭も少なくないようです。

ランドセルラックの選び方

ランドセルラックの選び方

それでは、ランドセルラックの選び方を見ていきましょう。

大きさをチェック

ランドセルラックを選ぶ際、まずポイントになるのは大きさです。

学習机がある場合には、学習机にかなりの量の学習用品を収納できるため、ランドセルラックはそれほど大きくなくてもよいかもしれません。しかし、子どもにリビングの机で勉強させるような場合には、すべての学習用品を収納できるだけの大きさを持つランドセルラックが必要になるでしょう。

また、ランドセルラックにはきょうだい2人で使えるダブルサイズのものや、スペースを節約できるスリムなものもあります。「どれくらいの収納力が必要か」「どれくらいの設置スペースがあるか」の両面から、ラックの大きさを考えましょう。

高さをチェック

ランドセルラックを選ぶ際に、次に重要なのは高さです。

ランドセルに学習用品を入れると、重さは3~4kgほどにもなってきます。小学校低学年なら、それだけの重さのものを頭より上に持ち上げるのは難しいため、ランドセルを置く段までの高さは70cm以下くらいのものを選ぶのがおすすめです。

なお、可動棚タイプのものなら、子どもの成長に合わせて棚の高さを変えていくこともできます。棚の高さについては、今と将来の使い方をどちらも考えるのがポイントです。

可動性をチェック

ランドセルラックには、可動性のある商品とない商品があります。

例えば、ふだんはリビングの隅に置いておき、勉強時にダイニングテーブルまでラックを移動させたいケースもあるでしょう。その場合には、底部にキャスターが付いた可動式ランドセルラックを選ぶと便利です。いっぽう、子ども部屋の決まった場所に置いておくなら、キャスターがなくても不便ではないでしょう。

デザインをチェック

もちろん、見た目も大切です。子どもの気に入らないデザインを選んでしまうと、「ランドセルラックに持ち物を片付けたい」という気持ちが起こりにくくなるかもしれません。

子ども部屋に置くのなら、お子さまの好みを最優先して、子ども向けのデザインを選ぶのもよいでしょう。しかし、リビングなどに置くのなら、インテリアとの調和を考え、木目調などが適当かもしれません。大人が的確にアドバイスをしながら、子ども主体で選べることが理想的です。

お気に入りのランドセルラックを見つけよう!

イオンスタイルオンラインでは、さまざまなサイズ・デザインのランドセルラックを取りそろえています。

大きさは、たくさんの学習用品が収納できるワイドタイプから省スペースのスリムタイプまであります。色合いも、カラフルなものからシンプルなホワイト、インテリアにもよく馴染むナチュラルやダークブラウンまで豊富です。

お子さまにぴったりのランドセルラックを見つけたい方は、ぜひイオンスタイルオンラインをのぞいてみてください。

ランドセルラックを見る

まとめ

学習用品をすっきり収納できるランドセルラック。大きさや高さ、可動性、デザインをチェックして、ご家庭にぴったりのものを選びましょう。