投稿日
2023/10/01
やわらか胸肉のよだれ鶏のイメージ画像

主菜

やわらか胸肉のよだれ鶏

イオンの登録販売者×管理栄養士おすすめ!
レシピの健康ポイント
  • ①皮をとって脂質を約70%カット

    お肉の中でも鶏胸肉やささみが脂質も少なくておすすめです。鶏胸肉は皮をとることで、さらに脂質をおさえることができます。

  • ②調理方法は蒸す・茹でる・レンチンがおすすめ

    揚げる・炒めるといった調理方法は油も多く使うため、蒸す・茹でる・レンチンといった調理方法がおすすめです。カロリーや脂質も抑えることができます。

栄養成分(1食分)

エネルギー
197kcal
たんぱく質
36g
脂質
4.9g
炭水化物
3.2g
糖質
2.8g
食物繊維
0.4g
塩分
1.2g
カリウム
600mg

材料(2食分)

  • 鶏胸肉(皮をとる)
    1枚
  • A)塩こしょう
    少々
  • A)料理酒
    大さじ1
  • ねぎ
    1/3本
  • B)ごま油
    小さじ1
  • B)減塩しょうゆ
    大さじ1
  • B)酢
    大さじ1
  • B)ラカントS顆粒
    大さじ1
  • B)水
    大さじ1
  • B)にんにくチューブ
    2cm
  • B)しょうがチューブ
    2cm
  • B)鶏がらスープの素
    小さじ1/2

作り方

  1. 1鍋にたっぷりの水を入れ沸騰したら火を止める。ジッパー袋に鶏胸肉とAを入れ揉みこみ、鍋に入れて蓋をし、40分程放置する。
    作り方1のイメージ画像
  2. 2ねぎをみじん切りにし、Bと混ぜ合わせてタレを作る。
    作り方2のイメージ画像
  3. 3①を1cm幅に切り器に盛り、タレをかける。お好みでごま(分量外)をかけたら完成!
    作り方3のイメージ画像
  4. 4(注意)鶏胸肉に火が通っていることを確認してください。ピンク色の時はタッパーに移し、電子レンジで追加加熱をしてください。
    作り方4のイメージ画像
  • アレルギーや持病がある方は、かかりつけ医の指導を優先してください。
  • 栄養価計算は、日本食品標準成分表2020年版(八訂)より算出しております。収載のない食品は概算値で計算しております。
  • 調理の際は、怪我や火傷等に十分に注意してください。
  • 健康ポイントの文章は、厚生労働省eヘルスネットより引用しております。
PDFが開きます

(ブラウザから印刷ができます)

TOPに戻る